THE FOUR SEASONS OF KOZAGAWA ぼたん荘と古座川の旬の情報を、写真を中心に紹介していきます。

2019 19APL

一枚岩の守り犬

ぼたん荘スタッフ0スタッフ日記

現在、一枚岩にて守り犬の影が見る事ができます。 (写真は4/15(月)撮影) 晴れて影が出る日は夕方5時前から 5時過ぎくらいにかけて見る事ができるようです。 今週いっぱいくらいまでは見ることができそうで、 次に見る事ができるのは8月の下旬ごろ。 限られた期間しか見る事のできないこの貴重な影を お時間ございましたら是非、見にいらっしゃいませんか?   守り犬の影とは?(4/18(木)付・紀伊民報さんの記事より) →https://www.agara.co.jp/article/4659?rct=mizu (一枚岩の守り犬の伝説) 「昔、岩が好物の魔物が太地から現れ、岩を食い荒らしながら古座川を遡って行った。虫喰岩やぼたん岩も餌食になって今のような穴だらけの姿にされた。そして魔物がまさに一枚岩に食らいついたとき、運悪く苦手な犬に見つかってしまった。犬は吠えて魔物を追い払い、一枚岩は穴だらけにならずに残された。そして魔物が流した悔し涙が、一枚岩の表面を流れる滝となった。」   この民話は、浦神の虫喰岩、高池の虫喰岩、ぼたん岩、一枚岩と、同じ岩石が22kmにわたって連綿と続く「古座川弧状岩脈(日本の地質100選)」の存在を、昔の人も知っていたことを示し、興味深いものです。なお、犬の影の元になる、一枚岩の対岸の岩山のあたりは昔から「犬鳴(いぬなき)」という地名で呼ばれています。

COMMENTS




ADD A COMMENT

Comment(必須)
名前(必須)
メールアドレス(必須)

(アバター表示用です。公開はされません。)