ぼたん荘スタッフブログ

ぼたん荘スタッフブログ ぼたん荘スタッフブログ



古座川体験レポート第2弾【滝の拝~ろうけつ藍染その①】

 最近はじわじわ暑さが増し、身体を通り抜ける風に心地よさをおぼえだす今日この頃。
昨日の山登りで両足が重い体観職員、福池です。

 さて今回はレポート第2弾ということで滝の拝ろうけつ藍染工房・礒田さんを訪ねました。場所はぼたん荘から車で20分ちょっとの所です。
 「ろうけつ染め」というのは、液状に溶かした蝋で布に模様を描き染料で染め上げます。すると、蝋が塗られた部分が地の色のまま染め抜かれる。という寸法です。
 礒田さんに描き方のコツを丁寧に教わったら、いざ挑戦!
                  つづく
 

2013/05/22





古座川体験レポート 第1弾【平井ゆずの里~マーマレード作り④】

 3日ぶりのご無沙汰、体観職員の福池です。今日は「嶽の森」へ山登りに行ってきので、ヘトヘトになりながらの更新になります(+_+)今日の事はまた後々アップしていくので、楽しみにしておいて下さいね。

 さて、今回は【ゆずの里編・最終回】のレポートです。
マーマレード作りを終えたあと、事務所の目と鼻の先にある神社に足を運びました。 
ゆず畑に挟まれた階段をのぼると、そこには平井の里を独り占め出来る眺めがあなたを待っています!
里中に漂う柚子のかほりを感じながら景色を楽しむのも
またイイものですよ。
 今回お伝えしたのは平井の魅力の一部です。是非、残りの魅力はパソコンの前のみなさんに見つけてもらえたら幸いです。やはり田舎の「良さ」というのは人づてに見聞きしたことでは無く、各々の五感で感じたものが全て正しいと思うからです。 僕はその足がかりになれたら……と考えています。 
 少々長くなりましたが、これで第1弾【ゆずの里編】は終了します。次回からは【滝の拝-藍染め編】突入です。こうご期待!!

2013/05/21





古座川体験レポート 第1弾【平井ゆずの里~マーマレード作り③】

  今回はここ平井にあるレストラン「ゆずの学校」についてレポートします。この建物、もともと廃校になった小学校を改築したものです。写真左には(見づらいですが、)校舎があります。

  窓や梁など当時の木材がそのまま残っていて、趣のある雰囲気が感じられます。
中ではゆずの里で作った製品の販売はもちろん(一部試食可)「うずみ」といってすまし汁にご飯と薬味や柚子をまぜて食べる地域限定メニューもあります。
お立ち寄りの際は是非ここで休まれていってはどうでしょう?
尚、こちらの「うずみ」は事前に予約しないと食べられないのでご注意下さい。

 次回は、ゆずの里編最終回となります。お楽しみに!

2013/05/18





古座川体験レポート 第1弾【平井ゆずの里~マーマレード作り②】

 それではマーマレードを作っていきたいと思います。
といっても材料を鍋で煮込むだけなので、特に目立った作り方は無いんですが……。ポイントは最後にゆずの果汁を
足すことです。
 ある程度、煮詰まったら小瓶に移して冷やします。

次回は柚子の里事務所の近くにあるレストランをご紹介します。  それでは!

2013/05/17





古座川体験レポート 第1弾【平井ゆずの里~マーマレード作り①】

 レポート一発目は平井ゆずの里でのマーマレード作り体験。ぼたん荘から車で40分ほど上流に向かったところで
行います。
 今日はこちらの統括責任者を務めている倉岡さんに案内してもらう事に。まず古座川とゆずにまつわるエトセトラ(後述)を話してもらった後、マーマレード作りの方に移ります。

 ここでひとつお話を、「なぜ古座川のゆずは香りがいいのか?」 それはこの古座川の気候が関係しています。この辺は寒暖の差が激しく、それが理由で香りがよくなるらしいです。そしてそれを証明するのが、2枚目の写真です。
このビンの上部の層になっている所「オイルリング」と呼ばれるもので、要はゆずの香りが凝縮された油なんです!
 これらが古座川のゆずのヒ・ミ・ツなんですね。
それでは次回よりマーマレード作りのレポートに入っていきたいとおもいます。 お楽しみにノシ

2013/05/16