ぼたん荘スタッフブログ

ぼたん荘スタッフブログ ぼたん荘スタッフブログ


鮎釣りシーズン到来!

6月1日。 古座川でアユ釣りが解禁となりました。

昨年の台風12号の影響も何のその、今年は天然鮎の遡上が近年で最多とか。
また、解禁日の釣り人も近年最多?と思えるほど多くの人で賑わっていました。

2012/06/01





睡蓮

新聞にもたびたび掲載される船原地区の睡蓮田。
今年も花を付け始めたという話を聞いて行ってきました。

今はまだ2分咲きぐらいでしょうか・・・でも、水田いっぱいに葉が生い茂っていていましたので、たくさんの花が咲きそうな予感がします。
花の見頃は6月初旬頃だそうですので、今からとても楽しみです。
そうそう、睡蓮の花は午前中に開いて午後には閉じてしまうので、早めのお出かけがおすすめです。


2012/05/18




日本ミツバチ

古座川の山間部では木の切り株をくりぬいて作る「ゴーラ」に日本ミツバチを住まわせて蜜を採る養蜂がさかんに行われています。

今はちょうど女王蜂が新しく生まれた新女王蜂に巣をゆずって出て行く「分蜂」が始まる時で、養蜂をしている人は出て行く女王蜂をなんとか新しいゴーラに住まわせようとみな必死になります。

ハチは新しい住まいを探す際、環境や内装にこだわりを持っていて、どんなゴーラでも入るという訳では無いそうです。
そのためゴーラの中にミツロウを塗ったり、ミツバチが好きな匂いのする蘭をそばに置いたりと、けっこう手間ひまかけてゴーラ作りをするとか。
めでたくハチが入った!と思っても、2~3日後にはどこかに行ってしまった事も良くあるそうで、なかなか苦労がたえないようです。

2012/05/16





とある初夏の日

暑くもなく、寒くもなく、そよ風が心地よい季節です。
陽気に誘われて、町内をあちこち散策してきました。


ゆず畑では白いゆずの花が咲き始めていました。
そよ風にのって花の甘~い花の香りが。
そしてブ~~ンという羽音も。
近づいてみると、たくさんのハチや蝶がせっせと花の蜜を集めていました。
この虫たちのおかげで、これからだんだんと花から果実に成長するのでしょうね。

畑の近くでは、昔ながらのムシロを使ってお茶揉みをしている人が居ました。
お茶の新芽を鉄釜で煎り、ムシロの上で何度も揉みほぐしたあと、天日干しし、もう一度煎ったらおいしい番茶が出来上がるそうですよ。
この方は、毎年大阪にいる娘さんに送っているのだとか。
都会に居ても田舎の香りがするお茶が飲めるなんて、娘さん、しあわせものですね。

2012/05/12




モコモコ

濃い緑、薄い緑、黒っぽい緑、茶色っぽい緑。
雑木の森ではいろんな緑を見る事ができます。

特にこの時期目立っているのが黄色いモコモコ。
春のモコモコは、平坦だった森にアクセントを添えてくれます。

2012/05/06