ぼたん荘スタッフブログ

ぼたん荘スタッフブログ ぼたん荘スタッフブログ


秋の味覚

マツタケ!

に、ウリふたつのキノコ(笑)
地元では通称「サマツ」と呼ばれています。

見た目はもちろん、ほんのり香るかおりも食感もマツタケそっくり。

学名は、「マツタケモドキ」および「バカマツタケ」
マツタケで無いからといって、この命名はあんまりのような・・・

お吸い物にしようかあぶり焼きにしようか迷ったあげく
あぶり焼きにしたら水分が抜けて、おもいのほか嵩(かさ)が減ってしまいちょっと淋しい気分に・・・

次回は絶対にお吸いものにしようと思います。

2010/10/24





コウノトリ飛来

去年に続き今年もコウノトリが古座川にやって来てくれました。
河原には大勢のカメラマンが。
この日の古座川一のニュースだったかもしれません。

残念なことにこの撮影のあと大きな音に驚いてどこかに飛んで行ってしまったそうです。
あぁ~。。。

でもまたきっと戻って来てくれることでしょう。

2010/10/17





嶽ノ森山

関西100名山のひとつ『嶽ノ森山』に登ってきました。

標高376mと低いながら、急坂&ロープ登りなどもありなかなか登り応えがあります。
苦しい登りから解放された頂上では、360度のパノラマ絶景が待っていました。

行程の途中には、謎の?足形をしたステップが刻まれていたり、
巨人の顔に見える岩があったり、可憐な花が咲いていたりと見どころも盛りだくさん。


そんな嶽ノ森山へのトレッキングツアーが10月25日(月)と31日(日)に開催されます。
ひとりで行くのはちょっと…という方も、このツアーでみんなで登ればきっと、思い出に
残る楽しいトレッキングになることでしょう。

詳細はこちら⇒ http://www.botansou.jp/ibento201010.pdf

2010/10/17





佐本川渓谷とキイジョウロウウォーク

10/11「古座川体験企画」が主催するウォークイベントに参加してきました。

古座川町のとなり町、すさみ町に期間限定でオープンしている喫茶店「cafe fono」さん
に立ち寄り、手作りのおいしいケーキと自家焙煎のコーヒーを頂きました。
ここはキイジョウロウホトトギスを見る事ができる喫茶店でもあり、庭の石垣に栽培している
花々をオーナーさん直々ご案内いただきました。

その後、むかしみちの「古座街道」や清流と落葉樹林の景色が美しい佐本川渓谷沿い
をてくてくと1時間半ほど歩き、ぼたん荘特製のお弁当を川原で頂きました。

午後は、古座川町内に自生しているキイジョウロウホトトギスの場所を訪れ観察会を行いました。
キイジョウロウホトトギスは、艶々とした葉っぱや釣鐘状の黄色い花の姿が優雅で美しいため、
自生していたものの多くが乱獲され、今では数が減ってしまっています。
そんな中でも、優美にたくましく花を咲かせている自生のキイジョウロウホトトギスの姿に心を
打たれたとともに、これからも大切に見守っていきたいと思いました。

野山の花が美しいのは、そこに咲いているからこそ。
とるのは写真だけ・・・ですネ!

2010/10/14





古座川の火振り漁

古座川では「火振り漁」の松明の灯りがあちこちで見られるようになりました。

「火振り漁」とは、船で網を川幅いっぱいに張ったあと松明を左右に振り回し、鮎を網に追い込むという
古座川伝統の鮎漁法で、暗闇の川面にゆらゆらと揺れるオレンジ色の炎はとても幻想的です。

ぼたん荘では、この火振り漁の宿泊プランを10月下旬までご用意しています。

自慢のご夕食をお召し上がり頂いたあと川原に移動し、幻想的な「火振り漁」を見学します。
漁で取れた鮎は、その場で焼いてお召し上がり頂くことができる「見て」「食べる」事のできる
まるごと古座川体験プランです。

古座川の秋の風物詩「火振り漁」は期間限定となっておりますので、お時間のある方はぜひ一度体験
しに来てください。

料金は、お一人様1泊2食・体験料込 10,500円(休前日は1050円増)です。

詳しくは、お電話でお問い合わせもしくは、当ホームページ内「古座川体験」のページをご覧下さい。

2010/09/28